<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
チアガール・白髪染め~♪
朝は、とてもいいお天気だったのに
今は、なんだか怪しげな空模様になってきてしまいました。

日本女子オープン(NHK)を見ながらコレを書いています。。。
(主人は例によってお仕事のゴルフです。)



昨日は、午前中の10時半から
レッドソックスの松坂君が投げるメジャーリーグの試合を見て
午後からは、6大学野球(慶応VS東大)を見に行きました。

主人に、ラグビーがいいか野球がいいか聞かれ、
ちょっと考えた末、「野球がいいな。」ってことで
神宮球場に出かけました。

爽やかな晴天で、野球を見ながら、
応援団やチアガールの応援も楽しみながら・・・

ラグビーより野球を選んだのは、
若い溌剌としたチアガールのお嬢さんたちの応援風景を
見たかったからかもしれません。。。

どのお嬢さんも、みぃ~んな可愛くて元気いっぱいで
こちらまで元気になれそうな気分になります。。。

主人に
「(長女は)大学一年生のときに、
 チアガール部に勧誘されたこと知ってる?」と聞いたら、
知らない・・・と答え、入ればよかったのに・・・と言いました。

チアガール部に勧誘された・・・なんて聞くと
ちょっといいみたいな感じですが、
「ねぇ、あなた、いい土台になりそうね。」なんて声をかけられたそうで
長女は、「ホォ~ント、失礼しちゃうんだから。。。」
なんてプリプリと怒ってました。

そのことを主人に話したら、
あはは・・・と声高く笑い、
「そうだろうなぁ~~。。。」でした。

うふふふ・・・・って、私も笑っちゃいましたけど
でも、当時の私も、長女のようにブクブクしてましたから
勧誘されても、頭来ちゃって、
「何よっ!余計な大きな大きなお・世・話っ!」
なんて思ったに違いありません。


帰りは渋谷まで歩きました。
週末の渋谷は、若者でゴッタ返していて、
人に酔ってしまいそう。。。
とても主人と私のようなシニア向きの街ではありませんので
どこにも寄らないで家に帰りました。


もう、なぁ~んにもしたくない気分でしたが、
主人が髪を染めて欲しい・・・と言ってた事を思い出して
お夕飯前に作業に取り掛かることにしました。

初めて染めてあげたとき、
「こんなに黒くしちゃってぇ~~。。。」なんて文句言われちゃって、
黒くするために染めるのに、何言ってるのっ!
なんて、ホント気分悪かったです。

主人が言うには、真っ黒になんかしちゃったら、
いかにも、前日に染めた・・・ってことバレバレでかっこ悪い
ということです。。。
ふぅぅ~~んんん、そういうもんなんだと思い、
その日帰ってきたときに、
「会社の皆さんに何か言われちゃった?」と心配して聞いてみたら
誰も主人が髪を染めたなんてこと、気づかなかったそうでした。


あはは・・・
ホントに
あはは・・・
         です。。。

シニアのオジサマの髪が多少黒くなろうとそうでなかろうと
誰も気になんかしてないんですよね。
気にしてるのは本人だけ。。。。


そのときの学習効果?で、次回からは、
お得意の、“いい加減”に染めて上げるようにしました。
そのいい加減具合が調度いいみたいってことがわかり、
満足してもらっています。。。


ところで、、、、

ここ1年半ぐらい低迷してる宮里藍ちゃんが、
猛チャージで、今トップタイになりました。。。
藍ちゃんも見たいし、お昼寝もしたいし・・・

テレビつけっぱなしにして
ゴロリ・・・とすることにしました。。。
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-10-05 14:39
おふくろ・ママの味~♪
久しぶりに絞り出しクッキーを焼きました。

というのは、、、、

長女の新婚旅行(3週間ほど前)の見送りに行った時に
チョコチップクッキーをもらって、
その容器を空で返すのも・・・と思い
クッキーにはクッキーでお返しを・・・と思ったからです。
お昼休みに娘の会社の近くのイタリアンレストランでランチをして
そのときに手渡しました。

a0107148_833777.jpg

a0107148_8333291.jpg


このクッキーは、子供たちが小さい頃には
本当によく焼いたクッキーです。

生地を作るときの注意点としては
バターとお砂糖を白っぽくなるまで
よぉ~く、よぉ~く混ぜることです。
ホントにトロッツトロになるまで混ぜないと
その後、薄力粉と混ぜ合わせて絞り出す段階で
とても苦労するからです。

その注意点だけはちゃんと覚えていましたが、
久しぶりに作ったので
昨日は、トロットロ加減が、まさに“いい加減”だったみたいで
絞り出すときに、生地が少し固めで、とっても大変でした。
相変わらずの肘痛がさらに悪化するほどに
それから、顔が真っ赤になるほどに力が要りました。。。


ところで、、、

娘からもらったチョコチップクッキーは、
彼女にとってのママの味(=おふくろの味)なんだそうです。
ちょっとヘンテコリンですよね?
おふくろの味がクッキーだなんて。。。

1ヶ月ほど前に、娘のお友達が新婚家庭に泊まりに行った時に
おふくろの味が話題になり、
Y君は、レバニラ炒め(うぅぅ~んんん、男の子っぽいでしょ?)
お友達はコロッケ。
娘は、チョコチップクッキー
     だったそうです。

お友達のコロッケというのは、彼女のお母様のお料理の中で
それが、他のものに比べてそれが特別美味しいってわけではなく
でも、ママの味・・・というと
何故か頭に浮かぶお料理なんだそうです。
でも、ママの味・おふくろの味って、そういうものなんですよね。


我が家のは、チョコも胡桃もたっぷりですが、
それにしても、クッキーとは・・・ねぇ~~~っ・・・です。

以前、娘達が主人に対して、
「お母さんのお料理で何が一番好き?」と聞いたときは、
“お味噌汁”でした。

なぁ~んだか複雑な心境です。。。

はたして次女はなんと答えるのでしょうか?
また思いもつかないことを言うのでは?と思います。。。


昨日は、クッキーのほかに、手荒れの軟膏とゴム手袋と綿手袋。
先日会ったときに、手荒れがひどい・・・とこぼしていましたから。
娘にも話しましたが、私もちょうどその頃、手荒れがひどくて
皮膚科に行ったら、主婦湿疹と診断され
綿手袋をしてからゴム手袋をする・・ことを勧められたのです。

当時、私のようなオバサンに
「私もあなたの頃には手荒れがひどかったのよ。
 でも、年をとってきたら知らないうちに治っちゃったの。」
って言われましたけど、コレってホントにそうでした。。。


一昨日、電話をしたときには、少しお疲れモードでしたが
昨日は、いつもの元気な娘に戻ってました。
今まで、ちょっと頑張りすぎてきたから、
少しは息を抜いて、それから手を抜くように・・・と言って別れ、
彼女は職場に戻って行きました。
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-10-02 08:36 | cooking
ひどいリズム感~♪
今週の金曜日はフルートのレッスン日です。

前回は、(言い訳ですが・・・)間にお盆休みが入って
完全にダラけきってしまって、いつもの怠け癖が出て
レッスン日の直前に慌てて練習しましたけど、
今回は、それにくらべれば、ちょっとマシな状態です。

ここにきて・・・
まあ、それ以前も、リズム感の悪さは自覚していましたが
あまりのヒドサを実感してるところです。

まずは、四分休符が出てきたときに
最初一拍休んでから・・・なんて、とっても簡単なことが
アレレ・・って具合に、0.3拍ぐらい遅れてしまうんです。
もう愕然としました。

これはダメだぁ~・・・・と思い
メトロノームを買いました。
オドロキでした。
今って、コンパクトなものがあるんですね。

a0107148_944741.jpg

(参考のために携帯電話と一緒に写しました。)


メトロノームのおかげで、なんとか遅れないで吹くことが
できるようになりましたが、それでも、急にリズムが変わると
やっぱり、アレレ・・・。。。
で、リズムが変わるところだけを集中練習しました。

今回の練習で最大の難関は、八分休符の出現?でした。
メトロノームを使っても、なんだか0.15拍ぐらい遅れてるんです。

a0107148_933377.jpg


次女には、まずは吹くことではなくて、手拍子で
リズムをつかむように言われて
「ウ・タ・タン・タン~♪」とか「ウ・タ・タ・タ・タン~♪」なんて
小学生低学年がカスタネットの練習するみたいにやってみました。
よしっ!なんとかクリア。
ところが、メトロノームのスイッチを入れて吹いてみると
アワワワワ・・・・・!!!!

次女には、
「ねぇ、マジメにやってる?」なんて真顔で聞かれてしまって
「チャッコ(次女)が歌ってあげるから、それに合わせて吹いてみてっ!」
なんて言われて、ホントに情けなかった・・・ですっ!

コツがつかめると、なんであんなに簡単なことができなかったのかしら?
と今は思うのですが、とにかく最初はできなかったのです。
子供の頃ピアノを習ってたときに、こんなところでは
つまづかなかったのに、もうホント、前途多難です。

母が、年を取ってくると、今まで当たり前のようにできてた
いろいろな動作が鈍くなる・・・って言ってましたけど、
私は若干50台にして、ヒタヒタ・・・と老化が押し寄せてるようです。。。


11月末に発表会(in 横浜市イギリス館)があります。
モチロン、超ビギナーの私は出ませんけれど、
見に行きたいな・・・と思ってました。
ところが、次女との旅行が重なって行けなくなりました。
残念!!!

その次女ですが、、、、
発表会は、自分で伴奏者を用意してもいいとのことで
それを聞いた娘は俄然張り切りだして、
「お母さん、来年は私がピアノ弾いてあげるから
 一生懸命練習しなさい・・・ネッ!」
なんて言い出して、もうお洋服のことを考え始めました。

まぁ~~ったく、もうぅぅぅ~~~ですっ!

でも考えてみると、それも楽しそうだからいいかな。。。

いずれにしても、八分休符なんかで、
つまづいてる場合じゃありません・・・・よね?
前途多難のフルートですけれど、楽しいから許せるかな。。。
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-10-01 09:14 | flute