<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
やってきましたルクルーゼのお鍋~♪
半年あまり購入を悩みに悩んだルクルーゼのお鍋が
我が家にやってきました。

ルクルーゼのお鍋でご飯を炊こうっ!
と思ってから、ここ3週間、その練習・・・・のため?に
一人用の土鍋で炊いていました。

我が家の場合、、、、
娘達と3人の場合も、
主人と2人の場合も、
毎回(カレーライスのとき以外)一合弱です。

初めて土鍋でご飯を炊いた時は、まずはマニュアルどおり、
沸騰してから10分、
そのあと火を止めてから10~15分を・・・守りました。

9分ぐらい経ったあたりから、
なにやらちょっと焦げ臭いが・・。。。
やっぱり焦げ付いてしまってました。

私の中にはお鍋でご飯を炊くメリットの一つに
美味しい美味しいおコゲが出来る・・・という点が
ありましたが、初めてのチャレンジでは、
うっすら香ばしい薄茶色のおコゲではなく
真っ黒の美味しくないおコゲ。。。

これでは、ちょっとマズいなぁ~~・・・
ってことで、次なるときはタイマーを8分にしました。
そうすると、私が食べたかった薄茶色のおコゲができました。
8分ちょっと前ぐらいから、耳を澄ませてみると
チリチリ・・・、チリチリ・・・と鳴ってるのに気づきました。

で、次からは、タイマーを7分にして
それ以後は鍋から発せられる音に集中しました。
そうすると、またチリチリ・・・、チリチリ・・・~♪
すぐに火を止めました。
結果はGood、Good!
もちろん、おコゲだけでなくご飯自体も
とっても美味しくて、大満足でした。

土鍋で美味しくご飯が炊けるのなら、
ルクルーゼのお鍋を買う必要がないのでは?
なんてことになりますが、、、、

こうなると、まるでおもちゃを欲しがる子供みたいですけれど
でもやっぱり私はルクルーゼが欲しいっ!
なんてたって、この半年間、ネットで調べたり
お店に実際に見に行ったりしたのですから・・。。。

土鍋でも十分に美味しいご飯が炊けるのですが、
ただお鍋の形状(円盤)からか、蓋の重さが足らないのか
炊いていると、ブクブクと蓋の縁からお水が吹き零れ
炊き上がった後のガスレンジは、糊状の液体が
ベッタリついてしまいます。。。

そうよ、そうよっ!
やっぱり土鍋でなくて、もう少し高さがあって
蓋も重ぉ~いルクルーゼのお鍋なくちゃっ!

a0107148_9181242.jpg

買ったのはココットロンド(18センチ)
早速ご飯を炊いてみました。








a0107148_925352.jpg
a0107148_9251770.jpg


初めて炊いたのは五穀飯。
白米(0.8)+五穀米(0.2)=一合

土鍋の時は、噴ききこぼれる為に少しお水を多めにしていて
ルクルーゼでもそれと同じだけのお水を入れましたが、
炊き上がったご飯を食べてみると、
それでは少し多すぎるようでしたので、
次回の昨日は、一昨日よりは少なめにして炊いてみたら
美味しく炊き上がりました。

まだご飯しか炊いていませんが、
これからは、いろいろなお料理にチャレンジしてみたいです。
まずは図書館でルクールゼのお鍋の料理本を借りてみて
それを見て、よさそうであれば、本も買って・・・・
そうすると、また他の種類のお鍋も欲しくなってしまいそう。。。
[PR]
by 8hanahana7 | 2007-09-14 09:30 | cooking
この秋の夜長は~♪
ちょっと前の(ずいぶんかしら?)ことになりますが、、、
お盆休みの締めくくりとして、家族で蓼科旅行に行った時に
車の中で何度も何度も聞いたのが、
マイケル・ブーブレというカナダのシンガーのCDでした。

毎回、家族旅行をするときには、
アレコレ・・・とCDを用意するのですが、
今回の大ヒットがマイケル・ブーブレでした。

これは、長女がシドニーにいたときに
とっても気に入ったシンガーで、
「絶対にいいからっ!」って
超オススメのCDでした。

どの曲が流れても、一緒に口ずさんでいて
「シドニーにいたときに、相当聴きこんだみたいだね。」
なんて、主人に言われてました。

長女の言う通り、かなり良くて、
主人も次女も、そして私も
すっかり気に入ってしまいました。

長女は3枚CDを買いましたが、その中で
これまた彼女の一番のお気に入りの
セカンドアルバムの“イッツ・タイム”は、
やっぱり残りの3人も、異口同音に
「いいね、すっごくいいねぇ~~♪」でした。

そのマイケル・ブーブレのライブコンサートが、
先月末にNHKのBSでやることを知り
録画したものを一昨日の日曜日の夜に主人と二人で見ました。

ライブは、車の中で聴いたCDより何倍も良かったです。
セクシーで、チャーミングで、、、
もちろん歌もすっごく良くて
なんと言っても、とっても洗練されてて都会的なのです。

歌声から想像してたより、かなり若かったのですが、
ビッグバンドをバックにして、
ダークスーツにやっぱりダークなネクタイ姿のこの若者は
すっかり、中年のオバサマのハートをつかんでしまったようです。

コンサートはロサンジェルスでしたが、主人の
「今に日本にも来るんじゃないのかなぁ~。」という言葉に
「私、行きたい、絶対に行きたいなぁ~。
 あの子(長女)と行こうぅぅ~~とっ!」でした。

それをおしゃべりの私は次女に話したら
「私だって行きたいわっ!」

この秋の夜長は、我が家では
マイケル・ブーブレのCDが活躍しそうな雰囲気・・・かな~♪
[PR]
by 8hanahana7 | 2007-09-11 09:26 | life