カテゴリ:flute( 11 )
フルートのレッスン~♪
東京滞在の最終日の今日はフルートのレッスン日でした。

今回は、お正月明けから、ちょっと真面目に練習しました。
それでも、まだまだ練習不足。。。

今日も、また打ちのめされちゃうんだろうなぁ~~
と思って挑んだレッスンでした。。。

家で練習してる時とは違って、
先生とのface to face のレッスンは、毎回、とても緊張します。

なんとか音が出てくれても、先生の伴奏が入ると、
もうダメ。。。
まるでボロボロ・・・。。。

先生には、やみくもに音を出していてはいけなくて
常に頭を使ってやらないとダメだと
キッパリ言われてしまいました。

時間がかかってもいいから、いい音が出るまで
唇の当て方、息のはき方、姿勢・・・・
すべてがOKになるまで、メロディに入らないこと。。。

もう、ホント、落ち込みます。。。

この半年間、レッスンの帰り道は、落ち込んでしまって
「あ~あ、今日もさっぱりダメだったな。」
とトボトボと歩いています。

半年間練習していて、今も合格にはかなり無理がある曲を
今回、大まけの大まけで○にしてもらいました。
今までだって、かなり大まけだったのですが、
今度は、それにさらに上回る大まけでの合格です。

情けないなぁ~~・・・と思うのですが、
そんないい加減な合格でもホッとしました。
もう見るのもイヤな曲でしたから。。。

次の練習曲は、今回みたいな大まけの合格ではなくて
ちゃんとした合格がもらえるように練習しようっ!
といつも以上に誓った私です。
[PR]
by 8hanahana7 | 2010-01-25 19:08 | flute
いい音が出ない~♪
春のように暖かだった東京。。。

でも、私は一歩も外に出ず、家に一日こもっていました。
フルートの練習をしたり、クッキーを焼いたり・・・。。。
いつもは、チョコとくるみ入れますが、
今回はアーモンドもたっぷりと・・・。。。
チョコやくるみだけとは違って、とってもクリスピーで美味。
今まで、どうして入れなかったんだろう???
てなぐらい、美味しく出来ました。

あはは・・・
ちょっと焦げ気味ですが、フルートの練習の合間だから
それはご愛嬌~♪
フルートの練習の合間・・・というよりは
クッキーを焼く合間にフルートの練習をした・・・というほうが
正確なのかも???

a0107148_1819249.jpg


それにしても、どうして、スカッといい音が出ないんでしょう?
高音以外でも、なんだかスッキリした音ではありません。
それでも高音以外は、なんとか得意?の力任せに吹けば
音は出ますが、それは単なる“音”であって、
ちっとも美しくない“雑音”です。

レッスンで、まるで音が出てくれなくなると、
先生がフルートと下唇があたるところを若干動かして下さいます。
そうすると、今までの雑音・・・(時には音すら出ません)が
スル~ッとばかりに、力を入れることなく出てくれます。

先生には、その感覚を自分でつかむしかありません・・・と
言われますが、なかなか・・・ねぇ~~。。。

ゴルフでも、インストラクターに肩とか手首を動かしてもらって
スイングをほんの少し微調整するだけで、
「スッコォ~ンッ!!!」とボールがクラブの芯に当たってくれることが
よくあります。

ところが・・・です。。。

そんなのは束の間で、インストラクターが次の生徒さんの打席に移った瞬間から
「アレレ・・・・、、、、
 こんなハズでないのに・・・。。。」
なんて、また元に戻ってしまうことがよくあります。

a0107148_18195122.jpg


この本の中で、プロゴルファーの倉本正弘氏が、
「スイングを微調整してあげて、その場では
 とてもよく当たるように指導することは、
 どんなアマチュアの方でも、難しくありません。
 問題は指摘されたことを消化して
 頭で考えて自分なりにモノにすることが大切なのです。」
と言っていました。

まさに・・・、そうなんですよね。。。

今日もまた、ゴルフとフルートの共通点を発見し、
どちらも、なかなか、そう簡単には上手にはなってくれないこと・・・
などと思って一日が過ぎました~♪
[PR]
by 8hanahana7 | 2010-01-20 18:21 | flute
朝からフルートの練習~♪
朝からフルートの練習~♪

a0107148_13265842.jpg


東京での生活は、名古屋のそれがゴルフの練習であるように
午前中はフルートの練習に充てています。

と書くとうぅぅ~~んんんと練習してるようですが、
実際は全然そんなことはなくて、

「さあ、練習しぃ~ましょっ!」と始めても
全然音が出てくれなかったり、
出てくれても、今度は指が思ったようにまったく動いてくれなくて
ため息をつきながら、
「ちょっと休憩・・。。。」
なんことが多くて、時間にしたら、ほんの少しのような気がします。

今朝も、行き詰って、「フゥゥ~~ッ!」とため息をついて
隣町までお買い物に出かけました。

主人は、宴席が多くて(今週は、月から金までずっと・・・です。)
たいして買うものがあるわけではありませんが、
毎日、家に閉じこもりっきりでは運動不足になりますので、
テクテクと、だいたい3500歩ぐらい歩く隣町まで、
ほんの少しのものを、買いに出かけます。


帰ってきてから、また練習~♪

練習をしながら、今日は焼き豚を作り・・・・
昨日は小豆を煮ながら・・・

それにしても、ホントに全然上手になりません。
イヤンなっちゃうぐらい・・・に。。。

高音は、とっても難しい~♪
まあ他の音だって、綺麗に出てくれませんが、
高音は、まさに、ピィ~~~ッって感じ。
スラーになると、音すら出てくれなくてスゥ~~~ッとばかりに
音にだってなってくれないときもあります。


「・・・2003年の春からフルート始めました。」という“のこのフルート大好き!”
というブログを見つけ、最近、足繁く通っています。
最初の頃(2004年)の日記を読ませて頂いてると、
「高音が出るまで1年かかった。」という下りがありました。

そうかぁ~、そうなのかぁ~・・・です。
いい加減な私とは違って
のこさんは、日々、マジメに練習されているいるお方のようです。
そんな人でも、やっぱり高音は難しいのですから、
高音を練習し始めて半年の私が四苦八苦するのは当たり前。
これがわかっただけでも、ホントにかなり勇気づけられた気がします。

それにしても、集中力のなさにあらためて、驚くやらガッカリするやら・・。。。
すぐ休憩をしてしまう私です。

ゴルフもそうですが、フルートも
肩に力は入るは、指にも力が入ってしまいます。
先生には、
「そんなに一生懸命指でキーを押さえなくても音はちゃんと出ますよ。」
とよく言われます。
確かに先生の演奏を見ると、ホントに軽く押さえていらっしゃるだけですし、
指もキーからほんのわずかしか離れていません。

なのに、この私ときたら、指はまるでスキップをしてるように
キーの上を飛び跳ねています。
だから、最初、いい音が出ていても、唇がそのうちにズレてしまって
おお音が出てくれなくなってしまいます。

力が入ってしまうのは、肩と指だけでなくて、
口にも力がはいってしまってる・・・と先生に指摘されました。

キャア~~~ッ!!!
すっごく醜い顔をして吹いているんだろうな・・。。。
ホントにヤンなっちゃう。。。

ハァ~~~ッ・・・。。。。
でも、めげずに午後からも、練習しぃ~ましょっ~♪
     
[PR]
by 8hanahana7 | 2010-01-19 13:32 | flute
フルートのレッスン初め~♪
昨日は、1ヶ月ぶりのフルートレッスンの日でした。

半年前に始めたときは、月に2回・・・と思っていました。
そうすると、名古屋から東京に移動した翌日ぐらいに1回と
東京滞在最終日ぐらいに2回目と・・・ということになります。
 
ところが、移動して数日は、あれよあれよ・・・と過ぎてしまって
そうすると、一度目のレッスンから次までに、
1週間足らずしかなくなり、(自分で決めている)課題を
とてもじゃありませんがこなせないのです。
だから、今では月に一度・・・というペースになりました。


今回は、前回のレッスンからの間に年末・お正月が入り
その間、約1週間強、練習しなくて
お正月明けのフルート練習初めのときは、
それまでだって、十分下手っぴだったのに
もっともっと下手になっていてかなりアセりました。

フルートは基本的にタンギングという奏法をで吹くのですが
今回の課題は、スラーといって、最初の音だけタンギングを使い
スラーの中の音は指だけを動かしてなめらかに吹くことでした。
頭は強く吹き、最後は弱く消えるようにします。
でも休止符のようにポツンと切ってはいけません。

最初、こんなことできるのかしら?なんてホントに悪戦苦闘。
まあ、今もそうですけど・・。。。

前々回のレッスンでは、簡単なポピュラー曲も練習して
先生にみて頂いたのですが、前回は
「今日はポピュラー曲は、いいんですか?」と聞かれたとき、
「“ALTES(=ピアノで言うとバイエル)"だけで精一杯で
  練習できてないんです。」と答えたら、
「はんなさんも、基礎練習にハマってしまったようですね。
 基礎練習を頑張れば、いつでもそういうの(ポピュラー曲や 
 簡単なクラシック)は練習できますモンね。」と言われ、
それ以後は、ALTES一筋?で練習するようになりました。


昨日のレッスンでは、自分で練習したところまでは全然進みまなくて
唇の当て方とフルートの持ち方(右手)とで、かなり時間を費やしました。


唇の当て方が少しズレてるので、音がスムーズに出ないのです。
で、音を出そうとして口の回りに力が入ってしまって、
「もっと力を抜いてみて下さい。」何度か指摘されました。

全部が全部そうではありませんが、フルートは高音と低音は
指の押さえ方が一同じものが多いです。
高音が出辛くて、力任せに吹いていますので
「高音は息をスーッと下に吹き出すように・・・。」とも注意されました。
私は、低音のときに下に吹き出していて、高音は上に出していて
逆のことをしていたのです。

これより、もっと大変なのはフルートの右手の持ち方
最初から、すべてを注意すると、嫌気がさしてしまうので
少しずつ音が出始めた今、頑張って直しましょうっ!とのことです。


昨日も、帰ってから教わったように持とう・・と練習しましたが
まるでダメです。
そうこうしてるうちに主人が帰って来てしまってオシマイにしました。


フルートを持つとき、右手は腕と手の甲は、
一直線のようにならないといけないのですが、
私は、手首で折れてしまっているのです。
手首を曲げないようにすると肘がズンズン上がってしまって
肝心の手首はちっともまっすぐになっていません。

練習曲のメロディが少しずつ複雑になってきて、
手首が折れていると、指を動かすたびに手がバタバタとして
唇の位置がズレてしまうのです。
だから、苦手の高音の“レ”の音があるフレーズでは、
必ず音が出なかったり、かすれてしまったり・・・

ホントにホントに、この先、こんなんで大丈夫なのかしら?
なんて、心配になってしまいますが、
今年の年賀状には、ゴルフとフルートをコツコツ練習するっ!
なんて抱負を入れしまいましたから、
頑張るしかありませんよね。。。。
[PR]
by 8hanahana7 | 2009-01-22 10:12 | flute
フルートの練習~♪
昨日、今日とフルートの練習をいっぱいしました。

いつもは、せいぜい1時間ぐらい・・・
それに、さぁ~やろうっ!と思っても
出来ない日もあります。

それを補うべく、頑張って練習しました。
昨日は、隣町にお買い物なんて行ってられないっ!って感じで
近くのスーパーでサァ~ッとお買い物を済ませ、
今日は、クリーニング屋さんからあがったスーツ、
それから、(主人の)靴の修理も出来上がってるので
どうしても隣町の商店街に行かなくてはいけませんでしたが、
それも、サァ~ッとどこにも寄ることなく、
用だけ済ませて帰ってきました。

午前中は、1時間半ぐらい教本の練習。。。
難しくて、ちっとも上手に吹けません。
なかなか先に進めないのですが、
この1ヶ月、ずっと苦戦してた曲が、
5回に1回ぐらいは、まあまあマシに吹けるようになりました。
その次の曲も、ここ1週間ほど苦戦中。
今日もやっぱり上手くできず、がっかり・・・です。

a0107148_1848130.jpg


午後からは教本と並行して、ポピュラーの練習曲も始めました。
ホントは、こちらのほうが教本の練習よりは、うんと楽しいのですが
そこはグッと我慢して、教本を最低1時間練習してから出ないと
ポピュラー曲の練習はしないっ!と決めてあります。。。

1曲目は、鬼門のド・レ~♪が何度も出てくる今井美樹さんの“PRIDE”
まだまだ指がバタバタバタァ~ッとなりますが、
それでもCDに合わせてなんとか演奏できるようになりました。
CDに合わせて、同じ曲を10回練習するようにしています。

2曲目は、平原綾香さんが歌って大ヒットした“Jupiter”
こちらは、PRIDEよりはちょっと易しい感じ。。。

気を良くして昨日は3曲目にもチャレンジしました。
冬ソナの“最初から今まで”です。
本来は叙情的な雰囲気の曲のハズなのに、
まだまだそんな雰囲気・・・、残念ながらまだ出てません。。。

ここまでで計30曲練習したことになります。
CDをrepeatにしてありますが、
あまりにつかえつかえで、どうにもひどい時は
CDを止めて部分練習をしたので、実際は
うぅぅ~~んんん、40曲以上は吹いたかも・・。。。

1曲終わるごとに、息があがってしまっています。
まだブレス(息つぎ)が上手にできてないんだと思います。
初めは立って練習しますが、
疲れてくると食卓に先日100円ショップで買ったイーゼルに
楽譜を置いて椅子に座って練習します。
立ったり、座ったり・・・と忙しいことっ!
まあ気分転換にもなりますけど・・。。。

a0107148_1846325.jpg

a0107148_18465148.jpg


CDに合わせての演奏は、遅れまい・遅れまい・・・と思う気持ちが強すぎて
思いっきり指がバタバタとしてアセってしまいますが、
なんだか自分がバンドの一員になった感じがして、ちょっと楽しいです。


フルートの練習、明日は、主人とお出かけですのでお休みにするつもり。。。
だから、このあと、主人がゴルフから帰ってくるまで
も少し練習する予定です~♪
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-11-01 18:48 | flute
鬼門は~♪ ド・レ~ ♪
毎日・・・って訳にはいかないのですが、
平日は、頑張ってフルートの練習をしています。
時間は、、、日によって少し違いますが、だいたい1時間ぐらいです。

先回のレッスンのときは、10曲ぐらい合格を頂けたのですが、
今度は、そう簡単・・・にはいかず、かなり苦戦しています。

先回合格しなかった2曲は、なんとか次回はクリアできそうですが
次のステージに入ってからの曲は、もう指がバタバタ・バタバタしてしまって
まるで上手に吹けないのです。

鬼門の音符は、♪~ド・レ~♪です。
♪レ・ド♪は、そうでもないのですが、
とにかく“ド・レ”と続くと、もう大変で
指がバタバタバタバタ・・・です。。。

あまりにヒドいので、鬼門の“ド・レ”がある2小節を
数え切れないぐらい何度も練習しました。
もう飽き飽きするぐらい。。。
それでも、まだできません。
一時は、永遠にクリアできなのでは?なんて思ったほどです。

今も、まだスムーズに行くときとそうでないときとがあり、
できないときは、頭を冷やす・・・というか・・・
とにかく、少し休憩するか、他のものを練習します。

先回のレッスンのときに先生から、教本の練習曲ではなくて
何かそれ以外のものも気分転換にいいから練習してみては?
と提案されましたので、翌日、早速銀座の山内楽器に本を買いに行きました。

で、今は、その中の最初のほうの“PRIDE”を練習しています。
楽譜を見たとき、「ちょっと簡単そうだから、難なくイケちゃうかな?」
と思ったのが大間違い。。。
私、自分の実力をわかってなかったみたいです。。。

なんと、鬼門の“ド・レ”が、最初から出てきて、
しかも何度も何度も出てくるんです。。。
“PRIDE”をご存知の方なら、おわかりかと思いますが、
♪ ソ・ド・レ・ミ・ファ・ミィ~ ♪の連続
そのフレーズを吹くたびに、指がバタバタバタァ~ッ!

それでも、たとえヘンテコな感じにしか吹けなくても
こういうポピュラーな曲は、とても楽しいです。。。

この練習本のことを次女に話したら、
長女が高校時代に買ったポピュラーのピアノ練習曲本を出してきて
「ねぇ、コレ練習してみてぇ~っ!
 で、セッションしようよっ!」と言い出しました。

竹内まりやの“元気を出して”で
この曲は彼女の曲の中でも好きな曲の一つで、
(私は、竹内まりやの大ファンですっ!)
携帯電話で朝の目覚まし曲にも使っています。

ミ・シのフラット、ファのシャープが出てきて
その度に、運指表とにらめっこしないといけませんでしたが、
それでも、苦手な例の“♪ド・レ♪”がありませんので
“PRIDE”より、私にとっては吹きやすいみたいです。。。

次女のピアノに合わせて・・・というか
私のフルートに合わせて次女がピアノを弾いてくれて
まだまだかなりヒドい状態ですが、なんとかセッションしました。

ただ、音符を追うのに必死で息継ぎが出来なくて
そうでなくたって、まだまだ息継ぎがうまくできませんから
腹式呼吸なんてできなくて、
気がつくと肺呼吸になっていてハァハァしちゃって、
酸欠状態になってしまって、めまいがしてきて
ゴロリと休憩を何度かしなくてはいけませんでしたけど。。。。

次女は、早速長女にこのことをメールしたみたいで、長女から、
「フルートの練習、頑張ってるみたいね。
 酸欠にならないように気をつけて・・・ネッ!(笑)」
なんてメールが入りました。

指がバタバタ・バタバタ・・・してしまったり
酸欠でめまいがしたり・・・
いろいろと前途多難のフルート
それでも楽しい・・・です~♪
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-10-17 23:04 | flute
CD&フルートの練習~♪
昨夜のNHK特集を見ました。
B's のことを取り上げてる番組でした。
「何故に結成以来20年、ヒットを飛ばし続けてるか?」
がメインテーマだったように思います。

その中で、新曲の8小節の中の4小節目と5小節目が
どうしても、うまく決まらない・・・といって
作曲者でありギタリストである松本さんが
苦悩されてる場面がありました。

2つのパターンを聞き比べるところがありましたが、
最初、私には、どちらも全然区別がつきませんでした。
そんな視聴者が多いだろうってことで、
再度、その8小節が流れました。
主人に、どっちがいいかと聞かれ・・・
「うぅぅ~~んんん、よくわからないけど後のほうがいいかな。」
と答えました。
主人は、最初に流れたほうがいいと思ったそうです。。。

でも、正直なところ、私にはほとんど区別がつかなくて
“どちらでも”・・・というか、“どちらも”
よかったように思ったんですけれど・・・。。。。

番組を見終わった後、まだ、その余韻が残っていたみたいで
CDを聴く事にしました。

主人が選んだのは、
“BILL EVANS WITH THE FLUTISTS”

 前半7曲のフルート奏者は、Jeremy Steig
後半6曲のフルート奏者は Herbie Mann


a0107148_1323630.jpg


前半のJeremyは、jazz界に新風を吹き込んだフルート奏者だとかで
前衛的といか、独創的というか、、、
フルートの音色の概念がちょっと変わっちゃう感じです。。。

ジャズ通に言わせると、スリリングで刺激的なんだそうです。

スリリングねぇ~~~、、、、
私には、やっぱりよくわかりません・・・でした。。。


音のかすれ?具合なんて、
もう、私の吹き方そっくりで、
マネできちゃいそう???
などと、思っちゃったりしました。。。


先週のフルートレッスン・・・
自分では、なんとかできた・・・と思ってた
8分休符や8分音符が、やたら出てくる練習曲2つは
次女に言われたように、やっぱり、なんだか変テコだったみたいで
先生にお手本を吹いてもらいましたが、
上手に出来なくて次回に持ち越しになりました。
がっかり・・・です。。。

それでも、
「頑張って練習してきたことがよくわかります。。。」
と先生に言って頂いて嬉しかったです。。。

先々回にダメだった1曲を入れて約10曲が合格しました。
(先生は、かなり甘めですけれど・・。。。)
先生に練習曲にそれぞれ丸印をもらうと
小さな子供のように嬉しくて、顔がほころんでしまいます。。。


それにしても、先生が演奏されるフルートの音色はホントに綺麗です。

私のと比べると、「これは本当に同じ楽器なのかしら?」と思えます。
先生に伴奏して頂いて吹いていると、
あまりに綺麗な音で聞き惚れてしまって、
雑音のような私のフルートの演奏を止めたくなってしまいますし、、、

私のフルートでも、先生は、やっぱり綺麗な音色が出るのかしら?
ひょっとして、先生のフルートをお借りして吹いたら
私も、もう少しマシな音が出るのでは?と
思いたくなってしまいます。。。


今回は10曲ぐらい合格した・・・なんて書きましたけど
初歩の初歩でまだ簡単だったからで、
例の8分休符や8分音符が、やたら出てくる練習曲2つの
次のページの曲からは、やたら私にとっては難しくて
全然次の曲に進むことが出来ません。
何度も何度も練習しても、まるでダメ・・・・。。。。
指がバタバタ・バタバタとしてしまって
ホントにイヤんなっちゃいます。。。

まっ、気を取り直して、また頑張ることにします。。。


おまけですが、、、

a0107148_13234943.jpg


このアルバムは、エリック・アレキサンダーの“Gentle Ballads Ⅲ”で、
ここのところ、寝る時のBGMにしてるアルバムです。

これは、難解なものではなくて、通でなくたって、
楽しめるなかなかいいCDです。。。
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-10-07 13:40 | flute
ひどいリズム感~♪
今週の金曜日はフルートのレッスン日です。

前回は、(言い訳ですが・・・)間にお盆休みが入って
完全にダラけきってしまって、いつもの怠け癖が出て
レッスン日の直前に慌てて練習しましたけど、
今回は、それにくらべれば、ちょっとマシな状態です。

ここにきて・・・
まあ、それ以前も、リズム感の悪さは自覚していましたが
あまりのヒドサを実感してるところです。

まずは、四分休符が出てきたときに
最初一拍休んでから・・・なんて、とっても簡単なことが
アレレ・・って具合に、0.3拍ぐらい遅れてしまうんです。
もう愕然としました。

これはダメだぁ~・・・・と思い
メトロノームを買いました。
オドロキでした。
今って、コンパクトなものがあるんですね。

a0107148_944741.jpg

(参考のために携帯電話と一緒に写しました。)


メトロノームのおかげで、なんとか遅れないで吹くことが
できるようになりましたが、それでも、急にリズムが変わると
やっぱり、アレレ・・・。。。
で、リズムが変わるところだけを集中練習しました。

今回の練習で最大の難関は、八分休符の出現?でした。
メトロノームを使っても、なんだか0.15拍ぐらい遅れてるんです。

a0107148_933377.jpg


次女には、まずは吹くことではなくて、手拍子で
リズムをつかむように言われて
「ウ・タ・タン・タン~♪」とか「ウ・タ・タ・タ・タン~♪」なんて
小学生低学年がカスタネットの練習するみたいにやってみました。
よしっ!なんとかクリア。
ところが、メトロノームのスイッチを入れて吹いてみると
アワワワワ・・・・・!!!!

次女には、
「ねぇ、マジメにやってる?」なんて真顔で聞かれてしまって
「チャッコ(次女)が歌ってあげるから、それに合わせて吹いてみてっ!」
なんて言われて、ホントに情けなかった・・・ですっ!

コツがつかめると、なんであんなに簡単なことができなかったのかしら?
と今は思うのですが、とにかく最初はできなかったのです。
子供の頃ピアノを習ってたときに、こんなところでは
つまづかなかったのに、もうホント、前途多難です。

母が、年を取ってくると、今まで当たり前のようにできてた
いろいろな動作が鈍くなる・・・って言ってましたけど、
私は若干50台にして、ヒタヒタ・・・と老化が押し寄せてるようです。。。


11月末に発表会(in 横浜市イギリス館)があります。
モチロン、超ビギナーの私は出ませんけれど、
見に行きたいな・・・と思ってました。
ところが、次女との旅行が重なって行けなくなりました。
残念!!!

その次女ですが、、、、
発表会は、自分で伴奏者を用意してもいいとのことで
それを聞いた娘は俄然張り切りだして、
「お母さん、来年は私がピアノ弾いてあげるから
 一生懸命練習しなさい・・・ネッ!」
なんて言い出して、もうお洋服のことを考え始めました。

まぁ~~ったく、もうぅぅぅ~~~ですっ!

でも考えてみると、それも楽しそうだからいいかな。。。

いずれにしても、八分休符なんかで、
つまづいてる場合じゃありません・・・・よね?
前途多難のフルートですけれど、楽しいから許せるかな。。。
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-10-01 09:14 | flute
久しぶりのレッスン~♪
昨日は、久しぶりのフルートのレッスン日。
先月のお盆に入るまでは、せっせと練習をしていたのですが、
お盆モードに入ってからは、平常業務ではなくなりますので
しばらくお休みにすることにしました。

ところが、お盆が終わってから東京に移動する予定だったのが
主人が大阪などに出張が多くて、大幅に延びて先週、移動しましたので、
レッスン日も1週間ほど延期してもらいました。

昔からの私のわるぅ~い癖
試験直前でないとお勉強出来ない・・・という癖は
やっぱり今も健在で、お盆が開けていつもの日々になったのに
練習、ちっともしませんでした。

東京に移動したのは先週の金曜日。
金曜日は、お掃除で疲れてダメ。
土曜日は、長女夫婦達とゴルフの練習に行って疲れてダメ
日曜日は、またまた娘と出かけて、やっぱり疲れてダメ

ダメ・ダメ・ダメ・・・・を続けてきましたが、
レッスン日は火曜日に迫り、もうダメダメダメ・・・なんて、
自分に甘い勝手な言い訳をすることができなくなり、
月曜日は朝から練習しました。

お腹の底から息を出すことが、まだ体得できてませんし、
久しぶり・・・ってことで、酸欠状態になってしまって、すぐに苦しくなりました。
それでも、頑張って午後も練習~♪
レッスン日当日の火曜日も、出かけるギリギリまで練習~♪


レッスンでは、
肩には力を入れず、背筋とみぞおちに力を入れ・・・・
と吹くたびに指摘されました。
でも、なかなか難しくてできません。

レッスンは1時間ですが、あっという間に過ぎます。
先生に伴奏してもらって練習曲を吹くのですが、
音が割れちゃったり、かすれたり、1オクターブ低くなっちゃったり
途中でやめたくなっちゃことが何回もありました。

マンツーマンですので、吹きっぱなしでは疲れてしまいますから
1時間の間には雑談を少ししたりします。
先生は若いお嬢さんで、とても感じのいい方です。
ロングヘアーをかきあげて、フルートを演奏される姿はとっても素敵っ!

いつもは、レッスンが終わった後に、
次回のレッスン日を決めるのですが、
東京と名古屋の移動の予定がずれちゃって
今回のように延期して頂いたりして、ご迷惑をおかけするので
予定が完全に固まってから、お電話でお願いすることにしました。


次回のレッスンは、今回みたいに、夏休みの宿題を
まとめてフウフウ言いながらやる子どもみたいにならないように
頑張って、練習しなくてはっ!


先生のお宅があるマンションの近くです。


a0107148_1543089.jpg


a0107148_15432714.jpg

[PR]
by 8hanahana7 | 2008-09-03 15:45 | flute
練習しないよりは・・・~♪
久しぶりの朝のコーヒーブレイク。。。

毎日、暑くて暑くて、なんだか熱いコーヒーを飲む気にならないで、
大好きな朝のスイーツタイムなのに、しないで過ごしてましたが、
昨日は久しぶりに、ゆっくりとコーヒーブレイクをしました。

私、ロールケーキが大好きです。。。
ロールケーキだけでなくて、他のケーキ類も
大好きなのですが、さすがに朝ご飯を頂いてから1時間もしないうちには
たっぷり生クリームのケーキは食べられないので、
生クリームが適度な量のロールケーキは、朝のスイーツにはもってこいなのです。

a0107148_1482950.jpg



東京へ移動してからの定番の家事

・大量のYシャツのアイロンかけ
   以前はクリーニングに出していましたが、
   去年、西宮から1年ぶりに東京にお引越してきてから
   主人が気に入るクリーニング屋さんが近くになくて、仕方なく・・・です。
   主人はバリバリに糊付けしてあるYシャツが好きなのですが、
   今住んでるところで4件ほどのお店に試しに出してみたところ、
   あんまりお気に召さないようで、
   仕方なく自分でバリバリに糊付けすることにしました。
   

・靴磨き(五足分)

もなんとか終わり、昨日は、フルートの練習に励みました。(ホントかな???)

今回のフルートレッスンで一番驚いたのは、
土星の形に似てる“ド”の音階と
1オクターブ高い音階と、全部指の押さえ方が一緒だということ。。。
吹き方によって、高低をつけます。

2年半ほど前の体験レッスンのときには、
土星の形に似てる“ド”の音階の“ソ”の音を練習しました。
“ソ”の音は、指の押さえ方が一番簡単なのです。
そのときの感想・・・、あら、意外と簡単に音が出るじゃないの。。。

ところが、今回始めたレッスンでは
土星の形に似てる“ド”の音階は、音が出しやすいので
初心者は1オクターブ高い音を最初に練習した方がいいとのことで、
その音を出すべく、もうホント、悪戦苦闘・・・です。。。

a0107148_14145253.jpg


調子が悪いと、まるでいい音が出てくれません。
何度も何度も繰り返してるうちになんとかで出てくれても
スグに音が、低い音の“ソ”と割れてしまうのです。。。

昨日の練習をし始めたときも、まるで調子が悪くて
まったくいい音が出ませんでした。

「何よ、コレッ!
 一体どうなってるわけぇ~っ!」

「♪ ソ・ソ・ソ・ソォ~ ♪」
こんな単調な繰り返し何度したことでしょう。

そのうちに、なんとか少しはまともな音が出てくれるようになりました。

でも、肩に力がいっぱい入っていて疲れちゃって、
「ちょっと休憩~♪」
なんてことで、マッサージチェアへ。。。

で、またフルートの練習再開
そして、またマッサージチェア。。

フルートの練習へ

で、またマッサージチェアへ・・・とはならず、
今度はゴルフのパタでもしようかな・・・ってことで
コツン、コツン、コツン。。。

a0107148_1412128.jpg


フルートの練習  ⇒ マッサージチェア
フルートの練習  ⇒ パタの練習・・・・

あらためて思ったことは、
なんて集中力の無いことっ!
すっぐにイヤんなっちゃうのです。。。

これはゴルフの練習にも言えることですが、上手く出来ないと、
「もう、ヤメヤメヤメェ~~ッ!」
てな具合で、すぐに休憩してしまう私。。。

こんなに、休憩ばっかりしていますが、
それでも、やらないよりは、うぅぅ~~んんんとマシなんだから・・・
そう思うようにしています。。。。


上手に吹けなくても、「コレ、なんだか飽きちゃったな。」
なんて感じで、次のに移っちゃってたら、本の中に、
「上手に吹けるようになるまで次に進まないで何度でも練習しましょう~♪」
ってことが書いてあるのが目に入り、
「あら、ヤだっ! まるでなんだか見られてるみたい」と思いました。

そのことを先日、先生に話したら、
「いいですよ、次々、進んでみてください。
 飽きてしまって練習しないよりは、
 完璧でなくていいから次々と先に進んで、
 フルートに触れてる方がずっといいんですから。」
などと、なんとも心強いお言葉。。。

そうよねぇ~~、、、
細くながぁ~く続けるには、自分に合った方法でしないと・・・ネッ!


集中力が続かなくて、スグに休憩しちゃっても
上手に吹けなくてスグに次の練習曲に移っちゃっても、
練習しないよりは、うぅぅ~~んんんといいんですから。。。
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-07-31 14:23 | flute