2010年 01月 20日 ( 1 )
いい音が出ない~♪
春のように暖かだった東京。。。

でも、私は一歩も外に出ず、家に一日こもっていました。
フルートの練習をしたり、クッキーを焼いたり・・・。。。
いつもは、チョコとくるみ入れますが、
今回はアーモンドもたっぷりと・・・。。。
チョコやくるみだけとは違って、とってもクリスピーで美味。
今まで、どうして入れなかったんだろう???
てなぐらい、美味しく出来ました。

あはは・・・
ちょっと焦げ気味ですが、フルートの練習の合間だから
それはご愛嬌~♪
フルートの練習の合間・・・というよりは
クッキーを焼く合間にフルートの練習をした・・・というほうが
正確なのかも???

a0107148_1819249.jpg


それにしても、どうして、スカッといい音が出ないんでしょう?
高音以外でも、なんだかスッキリした音ではありません。
それでも高音以外は、なんとか得意?の力任せに吹けば
音は出ますが、それは単なる“音”であって、
ちっとも美しくない“雑音”です。

レッスンで、まるで音が出てくれなくなると、
先生がフルートと下唇があたるところを若干動かして下さいます。
そうすると、今までの雑音・・・(時には音すら出ません)が
スル~ッとばかりに、力を入れることなく出てくれます。

先生には、その感覚を自分でつかむしかありません・・・と
言われますが、なかなか・・・ねぇ~~。。。

ゴルフでも、インストラクターに肩とか手首を動かしてもらって
スイングをほんの少し微調整するだけで、
「スッコォ~ンッ!!!」とボールがクラブの芯に当たってくれることが
よくあります。

ところが・・・です。。。

そんなのは束の間で、インストラクターが次の生徒さんの打席に移った瞬間から
「アレレ・・・・、、、、
 こんなハズでないのに・・・。。。」
なんて、また元に戻ってしまうことがよくあります。

a0107148_18195122.jpg


この本の中で、プロゴルファーの倉本正弘氏が、
「スイングを微調整してあげて、その場では
 とてもよく当たるように指導することは、
 どんなアマチュアの方でも、難しくありません。
 問題は指摘されたことを消化して
 頭で考えて自分なりにモノにすることが大切なのです。」
と言っていました。

まさに・・・、そうなんですよね。。。

今日もまた、ゴルフとフルートの共通点を発見し、
どちらも、なかなか、そう簡単には上手にはなってくれないこと・・・
などと思って一日が過ぎました~♪
[PR]
by 8hanahana7 | 2010-01-20 18:21 | flute