2008年 10月 17日 ( 1 )
鬼門は~♪ ド・レ~ ♪
毎日・・・って訳にはいかないのですが、
平日は、頑張ってフルートの練習をしています。
時間は、、、日によって少し違いますが、だいたい1時間ぐらいです。

先回のレッスンのときは、10曲ぐらい合格を頂けたのですが、
今度は、そう簡単・・・にはいかず、かなり苦戦しています。

先回合格しなかった2曲は、なんとか次回はクリアできそうですが
次のステージに入ってからの曲は、もう指がバタバタ・バタバタしてしまって
まるで上手に吹けないのです。

鬼門の音符は、♪~ド・レ~♪です。
♪レ・ド♪は、そうでもないのですが、
とにかく“ド・レ”と続くと、もう大変で
指がバタバタバタバタ・・・です。。。

あまりにヒドいので、鬼門の“ド・レ”がある2小節を
数え切れないぐらい何度も練習しました。
もう飽き飽きするぐらい。。。
それでも、まだできません。
一時は、永遠にクリアできなのでは?なんて思ったほどです。

今も、まだスムーズに行くときとそうでないときとがあり、
できないときは、頭を冷やす・・・というか・・・
とにかく、少し休憩するか、他のものを練習します。

先回のレッスンのときに先生から、教本の練習曲ではなくて
何かそれ以外のものも気分転換にいいから練習してみては?
と提案されましたので、翌日、早速銀座の山内楽器に本を買いに行きました。

で、今は、その中の最初のほうの“PRIDE”を練習しています。
楽譜を見たとき、「ちょっと簡単そうだから、難なくイケちゃうかな?」
と思ったのが大間違い。。。
私、自分の実力をわかってなかったみたいです。。。

なんと、鬼門の“ド・レ”が、最初から出てきて、
しかも何度も何度も出てくるんです。。。
“PRIDE”をご存知の方なら、おわかりかと思いますが、
♪ ソ・ド・レ・ミ・ファ・ミィ~ ♪の連続
そのフレーズを吹くたびに、指がバタバタバタァ~ッ!

それでも、たとえヘンテコな感じにしか吹けなくても
こういうポピュラーな曲は、とても楽しいです。。。

この練習本のことを次女に話したら、
長女が高校時代に買ったポピュラーのピアノ練習曲本を出してきて
「ねぇ、コレ練習してみてぇ~っ!
 で、セッションしようよっ!」と言い出しました。

竹内まりやの“元気を出して”で
この曲は彼女の曲の中でも好きな曲の一つで、
(私は、竹内まりやの大ファンですっ!)
携帯電話で朝の目覚まし曲にも使っています。

ミ・シのフラット、ファのシャープが出てきて
その度に、運指表とにらめっこしないといけませんでしたが、
それでも、苦手な例の“♪ド・レ♪”がありませんので
“PRIDE”より、私にとっては吹きやすいみたいです。。。

次女のピアノに合わせて・・・というか
私のフルートに合わせて次女がピアノを弾いてくれて
まだまだかなりヒドい状態ですが、なんとかセッションしました。

ただ、音符を追うのに必死で息継ぎが出来なくて
そうでなくたって、まだまだ息継ぎがうまくできませんから
腹式呼吸なんてできなくて、
気がつくと肺呼吸になっていてハァハァしちゃって、
酸欠状態になってしまって、めまいがしてきて
ゴロリと休憩を何度かしなくてはいけませんでしたけど。。。。

次女は、早速長女にこのことをメールしたみたいで、長女から、
「フルートの練習、頑張ってるみたいね。
 酸欠にならないように気をつけて・・・ネッ!(笑)」
なんてメールが入りました。

指がバタバタ・バタバタ・・・してしまったり
酸欠でめまいがしたり・・・
いろいろと前途多難のフルート
それでも楽しい・・・です~♪
[PR]
by 8hanahana7 | 2008-10-17 23:04 | flute