2007年 12月 25日 ( 1 )
ゴルフ&クリスマス~♪
昨日までの3連休
クリスマス的スペシャルイベントは特になく
淡々?と過ごしました。

初日の22日、ホントは(主人は)例によってお仕事のゴルフ
だったのですが、取引先の方からキャンセルが入り、
前日の21日の夜に名古屋の家に帰ってきました。

翌日は日中、ちょっとしたお買い物に出かける以外は
日頃の疲れを取るべく、一日家で過ごし、私もお付き合いで、
食堂のおばさん&Cafeのウエートレス
さらには事務員“はんな”で過ごしました。
(主人の年賀状の印刷もしましたので。)

翌日からは知多半島の主人の実家へ義母のご機嫌伺い。
今回は、実家から車で数分の“かんぽ=簡易保養センター”に
泊まりに行きました。
義母は、お友達とか従姉妹とかと
年に10回以上は利用する常連さんで、
先日も、フロント、売店、浴場・・・
どこでも顔なじみの人がいて、
「この人ね、ウチのお嫁さんっ!」って紹介してもらいました。
その都度、
「(義母に向かって)まあ、いいわねぇ~~っ!
  (私に向かって)親孝行なお嫁さんだことっ!」
なんて、言われて、
ぜ~んぜん親孝行ではなくて
出来損ないのお嫁さんの代表格ですから
心の中で、「アヘ~~~~ッ!!!」ってな感じで
「いえいえ、とんでもありません・・・です。」
なんて、ホォ~ント冷や汗ものでした。

そして、昨日の24日。。。
かんぽに1泊して、義母を実家に送り届けて
午前中には知多半島を出たのですが、家にはスグに帰らないで
私がいつも通っているゴルフの練習場へ行きました。

ここのところ、ほんのちょっとだけマジメに通ってる・・・
みたいなことを話したものだから、
私の調子がどれどれ、どんな感じかな?ってところもあったのでしょうし、
主人は主人で、東京では、いそがしくてまったく練習には行けませんし、
“かんぽ”で夜はたっぷりと海の幸を
朝食はバイキングで、これまたタラフク食べ
二人とも、おなかがトド状態で、
その腹ごなしのためにも・・・ってことでした。

1時間半打ち放題・・・にして、いざ練習っ!
「はんなさんから、どうぞっ!」とか言われちゃって
ちょっと、ちょっとぉ~、緊張しちゃうじゃないのぉ~っ!でしたが、
適度の緊張感はあるものの、
インストラクターさんに見られての状態とは違って、
リラックスムードでスイングしたのがよかったのか、
とっても調子よく、スッコッォ~~ンッ!!!
と飛んで行ってくれました。

いつも辛口の主人からも、「ナイスショットッ!!!」
なんて言葉が出て、私としては大・大・大満足。
多分、今までの中で一番最高に飛距離が出たみたいです。

以前から、主人に
「女性の場合アイアンで100ヤードぐらいは
飛ばせるようにならないとね。」
と言われていて、それが私の目標でした。

今まで、コロコロ・・・と転がって
結果として100ヤード飛んでも
着地点が100ヤード超えることはまずありませんでしたが
昨日は、7番アイアンで着地点100ヤードを軽く超えてくれたのです。
自分でも信じられなぁ~いっ!
って、感じで、とっても嬉しかったです。。。

調子に乗って(私はホントにいつも調子に乗ってしまうオバカもんです。)
フェアウェイウッドに換えて打ってみました。

あはは・・・
とたんに、調子が激変しました。

主人からは、
「軌道がまるで一定してなくてバラバラだよ。
 もっとリズムよく打たないと・・・。。。」

あ~あっ!・・・って感じですが、
一時は、どうしようもなく調子が悪くて
スイングすることも、クラブを握ることすら恐くなってしまって
レッスンで順番がまわってきて、じゃがいもインストラクター君が
私の打席の後ろで見てくださるときも
「先生、なんだか恐くてクラブが持てないんです。
 ボールを置かないで素振りにしていいですか?」
なんて言ってた時に比べたら格段の進歩です。

(てな訳で、すっかり調子に乗ってしまった私は
 今日の午前中も練習に出かけてきました。
 昨日に比べてフェアウェイウッドも、そこそこの調子で
 気分をよくして帰ってきました。)


***** ここからは、クリスマスモードのお話・・・です。 *****


打ちっぱなしに行って、お昼の時間がズレ、
さらには、「豚のしょうが焼き食べたいっ!」なんて言うモンですから
クリスマス・イブとは言えないフツーのフツーの夜ご飯。
せめて豚ではなく鶏だったら、も少し“ら”しかったのに。。。

食後のコーヒータイムに、主人へプレゼントをあげました。
今年は、腕時計です。
つい先だっても、朝、いったん出たと思ったら
「時計、時計を忘れたっ!」なんて戻ってきて
「どこ?どこにあるの?
 いつものところにはないけど・・。。。」
なんて朝から大騒ぎをしたばっかり。。。
前夜、酔っ払ってご帰還遊ばされて、
訳のわからない所に置いてありましたし、
恥ずかしながら、こういうこと、たびたびあるんです。
だから、予備のために・・・と思っての品選びでした。

それからちょっとしてから帰ってきた次女。

お二階のお部屋に上がって、すぐにリビングに降りてきて
「サンタさんが来たみたいで机にプレゼントがあったわっ!」
私としては、ニヤッ!!!・・・です。
主人は、
「そうかぁ~、、、サンタが来てたかぁ~っ!
 窓を開けて、『サンタさぁ~んっ!ありがとうっ!』
 ってお礼を言わないと・・・な?」
って、私の顔を見て、ニヤッ!

「おねえちゃんところにも、サンタさん来たかなぁ~?」と次女。
またもや、私はニヤリッと笑って、
「きっと来てると思うわよ。」
「多分、トナカイじゃなくてクロネコが運んだんじゃないかな?」
と主人。
「ううん、クロネコでもペリカンでもないと思うわよ。」と私。

実は、今回、目黒から名古屋の家に来る前に
マンションのトランクルームに入れておき、
昨日の朝、長女に、その旨をメールしておいたのです。。。

次女は、プレゼントの包みを
「何かしら?ワクワクしちゃうな。」と言いながら包みを開け、
中身(coachの手帳)を見て、
「ウワァ~~~ッ!!!
 欲しかったのぉ~っ!
 嬉しいわぁ~~~っ!」と歓声をあげてくれました。

「1年間(正確には9ヶ月間)失敗続きで
 苦労に苦労を重ねた自分への
 ご褒美に、買っちゃったぁ~~っ!」
なんて、ヴィトンの長財布を見せてくれたとき、
(もし手帳を買ってきちゃったらどうしよう?)
って、ホントにドキドキものでした。

こんな訳で、はんなサンタは、大散財でしたが
家族の喜ぶ声や顔を見ると、
「よかったっ!」って思えてしまいます。

こちらは、長女から送ってきた写メです。
長女にはファーつきのコートをプレゼントしました。

a0107148_16181570.jpg


これは、娘たちからのプレゼントです。
(L'OCCITANEのハンドクレーム、ボディミルク、練り香水)

a0107148_16184037.jpg

[PR]
by 8hanahana7 | 2007-12-25 16:24