秋の夜長は読書で~♪
「リクエストの本が入りました。」と電話が入り
丁度、借りてきた本も全部読み終わったので
図書館へ行ってきました。

今回入った本は、“楽しい読書生活”渡部昇一著です。

渡部さんの本を初めて読んだのは学生時代で
“知的生活の方法”でした。

内容はすっかり忘れてしまいましたが
結構面白かったことを覚えています。
当時からお勉強は嫌いだけれど
だから・・・こそ・・・なのかもしれませんが
アカデミックとか知的とか・・・
そんな言葉に惹かれていた私です。。。

図書館でよく新刊をリクエストする私ですが
この“楽しい読書生活”は、どうやら
私が一番最初に借りるみたいで、まっさらの新しい本です。
小さな声で「やったぁ~~っ!!!」って感じです。

ただ・・・、、、、

先回図書館に行ったときに、なんと5冊もリクエストしてしまって
ひょっとしたら新刊をたくさんリクエストするブラックリストに
載っているのではないかしらん?なんて
内心、ビクビクしています。

今日もホントのところは、またまた新刊を4冊ほど
リクエストしたかったのですが、
あまりに気が引けてしまってやめにしました。

“楽しい読書生活”の他に4冊借りました。

・私的生活 田辺聖子著
 入り口にある新刊コーナーにあって
 なんとなく面白そうな感じがしたから

・オバサンの経済学 中島隆信
返却本用の棚にあり、ペラッとめくった表紙の裏の
「オバサンにはオバサンなりの合理性がしっかりと存在する。
 そして、オバサン特有の気兼ねのなさにより、
 その合理性は歪むことなくストレートに発揮される。
 それは人間本来の姿といっていいのかもしれない。
 わたしたちがオバサンに学ぶことはたくさんあるのである。」
                     (序章より)
を読んで、自分の中にあるオバサン度を分析?してみたくて
借りる気になりました。
それに、この本も今年の5月に出たばかりで
新しい・・・ってところも気に入りました。

・薬指の標本 小川洋子著
こちらも返却用の棚にあり
雑誌(だと思います)にいつだったか紹介されていて
機会があれば読んでみようかな・・・と思っていたから。

・世紀末 思い出し笑い 林真理子著
このところ、彼女のエッセイにハマっていて
夜、ベッドに入ってから読むのに丁度いいので
毎回、借りています。


秋の夜長・・・・
このごろの私は、すっごい早い時間・・・10過ぎには
「おやすみなさぁ~いっ!」
とベッドに入る毎日を送っています。。。

今回借りてきた本(林真理子の本以外)は
「どんな内容かしら?」なんて、興味津々で
今夜は、いつも以上に夜の読書タイムが楽しみです。
[PR]
by 8hanahana7 | 2007-10-16 13:40 | book
<< 妹とランチをしながら~♪ 私のご飯事情~♪ >>