引き続きDSのこと~♪
先日買った任天堂DSのこと・・・。。。
そのとき買ったソフトは“お顔のトレーニング”ではなくて
“もっと英語漬け”です。。。

落ち着いて探せば見つかったと思いますが
土曜日のビックカメラは、とっても混んでいて
しかもかなり疲れていましたので、
お目当ての“お顔・・・”を見つける気力がなかったこと、
それから、“もっと英語漬け”も、
やってみたかったソフトの一つだったからです。

その“もっと英語漬け”
初めてやってみた感想は、
私、かなり甘く見ていた・・・です。。。
最初にチョコチョコ・・・とやって出たレベル判定では
もう、ここには書けないぐらい情けないものでした。

そのレベル判定だったか、トレニーングの中でだったか
発音しなさい・・・という指示があり、
声を出してごく簡単な単文を読んでみたら、すぐに判定されて
なんと最初は、“19点”でした。
「何で?何でよぉ~???」と思いながら
自分の声を再生してみたら、お手本の後、“ピッ”と鳴ったら、
発声しなくてはいけないのに、あわてて発音したみたいで
最初の部分が少し切れちゃってました。
「そっかぁ~~、だぁ~からヒドイ点だったのね。」
なんて思って気を取り直して、もう一度やってみました。

ところが、次は、ちゃぁ~んんんと“ピッ”と鳴ってから
言ってみたのに、“49点”で
「惜しいっ!」なんてコメントが出ました。

「なぁ~にが『惜しいっ!』よぉ~っ!一体どこがいけないわけ?」
なんてちょっと腹を立てて、もう一度やってみました。
ところが、またまた“49点”
こうなると、もう頭にきちゃって、
「何よ、何よっ!
 いい加減にしてよねっ!」
なんてプンプンしながら、
大きな声で怒鳴るようにまたまた発音しました。
その結果、私の怒りに恐れをなしたのか
今度は、100点で、“Perfect!”のコメントをもらいました。

この時点で、もう一度、自分の声を聞いてみました。
怒った怒鳴り声・・・
自分で聞いても恥ずかしいぐらいでした。
それにしても、どうしてこれが100点なのか
わからないぐらいのお粗末な発音です。

思うに、、、
判定は発音の素晴らしさではなくて
声の大きさ&クリアさ(ジャパニーズENGLISH)ではないのかしら???

それでも、“19点”と判定されるよりは
“100点”のほうが、うぅぅ~~~んんんと気分よくて
怒りに溢れた顔が、少し緩んでるのが自分でもわかりました。

これ(もっと英語漬け)をやってたら、
怒ったり、ニンマリしたり・・・で
お顔のトレーニングができてるんじゃないかしら?
なんて思ってしまいました。

ただ、お顔のトレーニングは、ちょっとだけできるかもしれませんが
プレイをしているとき、かなり力が入ってるみたいで
肩がカチカチに凝ってしまうので、
DSトレーニングをした後は、マッサージチェアでコリをほぐしました。
いろいろ厄介?なおもちゃです。。。
a0107148_792473.jpg

[PR]
by 8hanahana7 | 2007-08-29 07:09 | life
<< クラブの先輩とおしゃべり~♪ とうとう買ってしまいましたっ! >>